昼寝してもスッキリしない人へ! 効果的な方法と時間と音楽

公開日: 


昼寝をしてもスッキリしない!

脳や身体の疲れが取れるし、記憶力もアップすると
思ってたのですが、なんだかそうじゃない。

かえってだるくなるし、頭痛もするしーと思ってて
何か間違ってるのかしら? と思ったら、
やっぱりちゃんと効果的なお昼寝方法があったようです。

一番のポイントは、
お昼寝するときの体勢!!!

昼寝する時はベッドで眠るのはNG
椅子に座って寝るのが良いらしいです。

そして、昼寝をする時間。
15分から20分がよいそうです。

眠りって、浅い眠りのレム睡眠と
深い眠りのノンレム睡眠の波があるじゃないですか。
20分を過ぎてしまうとノンレム睡眠に入って
深く眠ってしまうそうです。


スポンサーリンク


ポイントを整理してみると

★椅子に座って、頭をヘッドレストにもたれかけて寝る
★午後12時から15時の間で、15分程度
★アイマスクや耳栓で、静かな環境づくり
★ベルトや時計、靴など身体を締め付けるものははずす

また、よく知られていることですが、

★コーヒーなどのカフェインを含む飲みものを
眠る前に飲む

★目が覚めたら軽く身体を動かす

わたしは、
ベッドで30分お昼寝して、目が覚めたらコーヒー
というパターンでした。

だから、私の30分という時間は深い眠りに入っている中、
無理やり起きてしまって、ちゃんと覚醒できなかったんです。
これってよろしくないんですね~。
ナットク。

でも、15分でちゃんと眠れるの?という疑問もあったのですが、
意識が覚めていても大丈夫なんだそうです。
深い眠りはかえって逆効果なんですって。

だとしたら、私はまず椅子を買い換えないといけないみたい。
えーーー、と思いながらも。

どうしよう。

こんなお昼寝用のBGM動画を見つけました。

ボリュームコントロールがしてあって、
15分が近づくと下がっていた音量が元通りになって
アラームもなるそうです。

デスクでのお昼寝にいいですね♪


スポンサーリンク



シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした
PAGE TOP ↑