光コラボレーションモデルとは? 申込み/フレッツ乗換(転用) 今は待って!

公開日: 


2年前だったか、フレッツ光に申し込みをした代理店から

「光コラボレーションモデルにするとお値段が安くなります。
切り替えてもよろしいですか?」

と、営業電話がかかってきました。

光コラボレーションモデル? なにそれ? と

わたしが、「契約形態とか変更はありますか?」
と質問してもはかばかしい返事がない。

「お値段が安くなるので切り替えてもいいですか?」

まるで、即切り替えOK!の返事が前提の話しぶりです。


スポンサーリンク


いやいや、縛りとかあるんじゃないの。
メリットもあればデメリットもあるはずじゃないのー。
もっとちゃんと説明してくださいな。

と思いながら、
電話だけではよくわからないからメールで連絡ください。

言ったらば、

「電話だけの案内なんです」

「光コラボレーションモデルについては
ネットで検索をしてみてください」

とのこと。
要領を得ないので、今、外出先なのでとお断りをしました。

で、光コラボレーションモデルをネットで調べてみましたよ。

どうやら、企業が独自に価格を決めることができるそうです。
ソフトバンク光、ドコモの光も光コラボレーションモデルらしい。

▼こんなの発見

http://matome.naver.jp/odai/2142341563209438501

価格競争が始まるっぽいので早期の乗り換えは待った!
という意見もありますし、私にもそう思える。
もうちょっと待ったほうがいいようです。

私は、2年前に契約をしているから、今年中には縛りが外れます。
ソフトバンクなので、ソフトバンク光に乗り換えたほうが
いいんじゃないの? というのが結論です。


スポンサーリンク



シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑