冷え対策に生姜紅茶^^ しょうがシロップのレシピを探して。乾燥生姜、蒸し生姜。

公開日:  最終更新日:2015/09/26


しょうが紅茶が美味しい季節になってきました^^
体がポカポカして、冷え症にもいいんですよね。

いまは、生姜をすりおろしてハチミツを加えているのですが、
それがなかなか面倒で!
胃腸にもあまり優しくなくて、
味もなんとなく決まらない気がするんですよね。

で、簡単で美味しい「しょうがシロップ」が作れないかなとレシピを探してます。
できたら城砂糖を使わないものがいいなと。
気になったものを、メモしていきます^^

●イトイ式しょうがシロップのレシピ

ほぼ日の糸井重里さんがしょうがシロップのレシピを公開!
作り方レポもついていました!

★このレシピは、きび砂糖を使っています。
★それから、シナモン、クローブ、ベイリーフ、カルダモンも入れたスパイシーなもの。

★しょうがはスライスしてオーブンで乾燥させるという本格的?なもの。

最後にはしょうがを取り出して、グラニュー糖を使ってしょうがチップスも作っておられます。

>> http://www.1101.com/store/ginger_gold/itoi_recipe/

うーーーん。やってはみたいけど・・・
すごく美味しそうではあるんですが・・・
もうちょっと、簡単なものってないのかしら?!


スポンサーリンク


 

●レモン&ジンジャーのはちみつシロップ

・レモン:4個
・生姜:50g
・きび砂糖
・はちみつ

[作り方]

・レモンは薄切り ※ワックスが付いている場合は特によく洗う
・生姜は、皮付きのまま薄切り

1.器に、レモン、きび砂糖、しょうが、きび砂糖の順番で重ねる
一番上はレモン。ひととおり重ねたら、ぎゅっと押さえて

2.はちみつを入れる

 

●黒糖のしょうがシロップ

・しょうが 50g
・黒糖   50g
・水    30ml
・唐辛子  1/3本くらい
※シナモン、クローブ、カルダモンを加えてもOK

1.しょうがは皮ごと千切り
2.材料を火にかけて、沸騰したら弱火で20分。
3.ざるでこして、ビンなどにうつす

しょうがシロップの作り方は、分量の配分が違うものの
ハチミツに漬けるか、シロップで煮るかってことですよね・・・・(当たり前か)
とりあえずやってみて、好きな配分を見つけたらいいのね。

で、生姜はそのままか、乾燥させるかっていう違いがあるのね。

 

乾燥といえば、生姜は干したらいいよって、今日のNHK朝イチで見かけました。
生姜を薄くスライスして、天日干し(1日くらい)すればよいみたいです。
さらにウルトラ蒸ししょうがというのもあって、
スライスして蒸した生姜を干すと、さらーにパワーアップするそうです。

そこまでは、めんどくさいなーと思っていたら、
ベルメゾンで蒸し生姜シロップが販売されていました!

>> ベルメゾンの蒸ししょうがシロップ

 

乾燥させた生姜は、
ジンゲロールという辛味成分の一部がショウガオールに変化しているので
ジンゲロール&ショウガオールで、全身があたたまるそうです!
ためしてガッテンでも紹介されていました^^

とりあえず簡単にすませるには、乾燥生姜がいいみたいですね。
うん、生姜って、購入しても1個なかなか使い切らないで忘れてしまうんですよね。
だから、乾燥させておくっていうのはグッドアイディアですね!

 


スポンサーリンク



シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした
PAGE TOP ↑