弱火で簡単&美味しい料理法!

公開日:  最終更新日:2014/08/08


弱火で料理する方法が、今話題みたいですよ。
私も友達に教えてもらって、私も試しにやってみました。

作り方が、何しろとても簡単です。
野菜の煮物や炒めにぴったりって感じです。

ポイントとしては

◎冷たいままのお鍋に油を入れて、お塩を少々
◎そこへ、野菜を入れる(なじませる)
◎お鍋にぴったり合ったフタをする(隙間はあけない)

っていうもんなんですね。


スポンサーリンク


強火で料理しないから、焦げ付きとか火の通りのムラがないかな。
調味料も染みこみやすい気がします。

今の季節だったら、ゴーヤチャンプルーとか
なすの炒め煮(味噌味)がとっても美味しくできました。
甘酢炒めとかも美味しいんじゃないかな。
肉じゃがや筑前煮のレシピもあるみたいなので、
これも試してみたいな。

肉じゃがって、意外に料理の腕がわかったりするんですよね。
上手な人がつくると、味の沁みぐあいも、じゃがいものほっこり具合も
とっても美味しいでしょ。

筑前煮は、野菜の歯ざわりが命!ってとこもあるから
いつも悩むんですよね。
残念ながら、肉じゃがも筑前煮も私はまだ会心のできってわけじゃないので
(それなりには美味しいのよ)
ものすっごく上手にできたらいいなって思います。

炒めものは、やっぱり強火でが~ってやりたいかな。
野菜の生命力、火の力強さをいただける気がするんですよね。
夏は暑いけど、やっぱり強火で料理したいなあ。
いっそのこと、オーブンや魚焼きグリルをフル活用っていう手もあります。

それに比べて弱火の料理方法は、滋味を味わえる気がする。
根菜類の料理っていんじゃないかな。
いろいろ研究してみたいと思います。

 


スポンサーリンク



シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑