国民年金保険料をクレジットカードで払う際のメリットとデメリット

公開日: 


国民年金保険料をクレジットカード払いにしている人って増えているようですね。
わたしもそうしようかなと思って、メリットとデメリットを考えてみました。

=メリット=

◎クレジットカードのポイントがたまる
利用中のクレジットカードでポイント制であるなら、カード支払いでポイントがたまりる。
複数のカードがあれば、より利用金額に対するポイント付与率が高いものを選べばお得。
◎クレジットカードの利用者の信用度が上がる
クレジットカードは、多く金額を使うほど、信用度が上がるようになる。
国民年金保険をカードで納めることで利用額も上がるので、信用になる。

クレジットカードのランクをアップしたい場合、利用限度額を上げたい場合は、利用を考えてみても。

また、年会費無料のクレジットカードの中には、利用すべき年額が決まっている場合があります。
その金額を超えないと年会費が無料にならないようなものもあるので、
国民年金保険料は毎月徴収される、年間になると結構な額になるから、利用を考えてみてもよい。
◎払い忘れがなくなる
銀行引き落としや振り込みの場合、つい払い忘れてしまうという人はカードのほうがよいかも。
納付日になればクレジットカード会社が保険料を立て替えて払うことになるからです。
国民年金の支払いは、引き落とし日に支払うことになるので、納付期日が遅れることはないことになる。

 


スポンサーリンク


 

 

=デメリット=

◎早割制度が利用できない
銀行口座からの引き落としをする場合は、国民年金には早割制度がある。

また、口座引き落としの場合とクレジットカード払いの時とでは、保険料をまとめて支払った場合の割引額は異なっている。
銀行口座から引き落としにしたほうが、保険料のまとめ払いによる割引額が高くなっている。

◎クレジットカードの利用限度額が低い場合はNG
クレジットカードの利用限度額が低く、他の買い物の利用限度額まで余裕がない場合、国民年金の支払いができないことがある。
国民年金であっても利用限度額にはひっかかるので、年金を支払うための余裕をもたせてクレジットカードを使うようにしなければならない。
◎クレジットカードの手続きにかかわること
解約をした場合や、失くしたり盗まれたりしたためにクレジットカードの番号が変わったりする可能性もある。
クレジットカードで支払う場合、変更があった時の手続きが面倒。

◎分割払い、リボ払いは認められていない
国民年金のクレジットカード払いに関しては、分割やリボ払いによる納付は認められていない。
あくまで一括で支払わねばなりません。
以上、メリットとデメリットをあげてみました。


スポンサーリンク



シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑