ヨーグルトパックの作り方(レシピ) 美白・ピーリング・乾燥肌に

公開日:  最終更新日:2015/07/01


涼しくなったらお肌の状態がかわってきますね。
ヨーグルトパックがいいよ!というので、作り方をリサーチ中です。
美白・ピーリング・保湿・乾燥肌対策などに良さそうです^^

y-ヨーグルト

【レシピ】

★シンプルヨーグルトパック
ヨーグルト(無糖):大さじ1
はちみつ  :小さじ1
小麦粉   :小さじ2分の1~1

ヨーグルトは、角質を柔らかくする働きがあるそうです。
皮膚のターンオーバーを促進してくれるそうですよ。
だから、ピーリングにもよい・・・といわています。
また、ヨーグルトの乳清の働きも見逃せません。
保湿や美白にも良いそうです。

 


スポンサーリンク


※加熱バージョン※

上記レシピで、電子レンジで少々加熱。
ヨーグルトの乳酸菌は、そのままお肌に塗ると相性が悪い場合もあるそうです。
多くの乳酸菌の種類が含まれているからですって
加熱すれば乳酸菌は死んでしまいますが、乳酸菌によって作られる
「乳酸菌生成エキス」が残って、それがパックに良いそうです。

パッチテストはしたほうがいいみたい。特に敏感肌の人は!
【使い方】
洗顔したきれいなお肌に、パックを伸ばします。
5分から10分ほどしたら、ティッシュオフしてすすぎ洗い。
簡単ですね!

ちなみに、毎日はNGみたいですよ。
ピーリングができてしまうので、やりすぎは負担になりますよね。
3日に1度程度がいいといわれています。

 

▼レシピのバリエーション▼

★緑茶ヨーグルトパック
ヨーグルト(無糖):大さじ1
はちみつ  :小さじ1
小麦粉   :小さじ2分の1~1
緑茶    :5グラム程度

緑茶といえば、美白?
緑茶化粧水って流行りましたよね。
★ココアヨーグルトパック
ヨーグルト(無糖):大さじ1
ココア(無糖)  :小さじ1

テレビ番組「ヒルナンデス!」で紹介されていたレシピ。
乾燥と保湿対策で取り上げられたいました。

 

★オリーブオイル入り
ヨーグルト(無糖):大さじ1~2
小麦粉  :大さじ1程度
オリーブオイル :1,2滴

保湿といえば、オリーブオイルなんです。私の中では。
で、さらに試してみたいのは、パックして化粧水などで肌を整えた後の
冷却パック!

こちらも簡単で、冷凍庫にある保冷用の冷凍バックがありますよね。
あれを使えばいいそうなのです。

毛穴が引き締まってツルツルになるんだとか。
さっそく今日の夜 ヨーグルトパック&冷却パックをやってみます!


スポンサーリンク



シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑